KUSOブログ - ロンダルキアの大地

FC2のサイトから飛んでくる人はほとんどなく、 検索で引っかかって飛んでくる人ばかりである いわばロンダルキアの大地のようなブログ。 気になった記事や日記がめいn

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

賠償請求:犯罪被害者の手数料は一律2千円に 法務省

賠償請求:犯罪被害者の手数料は一律2千円に 法務省
 犯罪被害者が、刑事裁判に併せて被告に損害賠償請求できる「付帯私訴制度」の導入にあたり、法務省は、被害者が裁判所に納める手数料(印紙代)を請求額にかかわりなく一律2000円とする方針を決めた。被害者団体から「制度を利用しやすくするため、手数料を低額にしてほしい」という意見が出ていることに配慮した。

 通常の損害賠償請求訴訟では、手数料として訴状に張る印紙の代金は、請求額に応じて増えていく。例えば、請求額が5000万円なら印紙代は17万円、1億円なら32万円になる。このため、被害者団体などからは「負担が重過ぎる」という声が出ている。

 付帯私訴制度でも同じように手数料が高額になれば、被害者が制度の利用をためらい、被害者支援の意義が損なわれる恐れがあるため、法務省は手数料を一律2000円と決めた。刑事裁判で調べた証拠を利用して賠償額を算定するこの制度では、裁判所に新たに大きな負担を与えるわけではないことから、手数料を低く抑えることが可能と判断した。

 全国犯罪被害者の会(あすの会)の岡村勲弁護士は「手数料はできれば無料にしてほしかったが、2000円であっても被害者の負担は軽くなり、大変ありがたい。引き続き、通常の民事訴訟の手数料の引き下げも求めていきたい」と話している。【森本英彦】

 ◇ことば【付帯私訴】 刑事裁判手続きの中で被害者が民事の損害賠償請求をする制度。刑事裁判の証拠を利用して賠償額を算定するため、被害者の立証負担が軽くなる。政府が導入しようとしている案では、刑事の有罪判決が出た後に、同じ裁判官が引き続いて民事の損害賠償請求を審理し、賠償額を決定する。当事者に不服がある場合は通常の民事訴訟に移行する。政府は今国会に刑事訴訟法改正案を提出し、08年秋の導入を目指している。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070307k0000e010065000c.html


いいよーいいよー
スポンサーサイト
  1. 2007/03/08(木) 13:01:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女『車のエンジンがかからないの…』

女『車のエンジンがかからないの…』
男『バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日はちゃんと動いたんだけど…』
男『バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車を使えないと…』
男『んでライトは点く?』
女『前に乗ってた車ではこんな事無かったのに…』
男『ライトは点く?点かない?』
女『○時に約束だからまだ時間はあるけど…』
男『死ね』
  1. 2007/03/04(日) 11:35:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉幾三「おふくろさん歌わせて」

吉幾三「おふくろさん歌わせて」
3月2日6時6分配信 スポーツニッポン


 森進一(59)が代表曲「おふくろさん」を歌えなくなっている騒動で、今度は吉幾三(54)が1日、「ぜひ私に歌わせて」と、新たな歌い手に名乗りを上げた。吉は都内で自身の新曲発表会を開催。演歌歌手の1人として、昭和を代表する名曲の“封印危機”に「あまりにもったいない。何とかして歌えないものか…私が」とラブコール。デビュー35周年の目標にまで掲げ、本気!?をアピールした。

 「おふくろさん」をめぐっては、作詞家の川内康範氏(86)と森が依然として面会することができず、亀裂は深まる一方。そこに川内氏が生んだ正義の味方「月光仮面」ならぬ“田舎のプレスリー”が決着に名乗り出た。

 吉はこの日、都内でデビュー35周年記念曲「ありがとうを言いたくて」を披露。途中、目が不自由な母親への思いを語り、あふれる涙で歌えなくなる場面もあった。

 そんな中、報道陣から“おふくろさん騒動”について聞かれると「川内先生の名曲ですから。森さんが歌わないとなれば、もう私しかいないでしょう」と言い切った。マスコミに対するジョークが入っているにしても「僕はあの歌は歌いたい。本当に名曲ですから。だってあの歌を聴いていると涙が出てくるもん」という言葉は本気だ。

 同じ青森県在住の川内氏とは「1度だけ三沢空港でお会いしたことがあります。凄く厳しい人で、作詞家としてもその他の活動でも尊敬しています」。ただ、今回の騒動の本質については「詳しいことは知らないから」と控えめ。その上で「何とかならないものですかねえ…」と語り「2人のこと?いえ、そうじゃなくて、何とか私が歌えないかと。私が言えることは、歌わなきゃもったいないということ」と強調。35周年の目標を「おふくろさんを歌いたい!」とまでブチ上げた。

 川内氏も「ほかに歌いたい人がいれば」と言っているだけに、吉の“おふくろさん”が実現する可能性はゼロではない。ただ、その真意は名曲が“封印”されることへの憂慮。今回の立候補が、こう着した事態を動かし、月光仮面のような鮮やかな解決につながるか、注目だ。

 ≪川内氏 森の行動は「三文芝居」≫川内氏は1日、騒動に対する現在の心境を書面で発表した。

 B5判の紙に本人が執筆。「告ぐ!吾が真実、無償の愛は何があっても変わりなし!!」と書き出し、森が前日(2月28日)に青森県八戸市の川内氏宅を謝罪に訪れたことに「“無断進入禁止”の札をかかげ(て)おるにもかかわらず進入し、何やらみやげ物を置いて行った品物の一切は本日、返送しました。これが私の返事です」とし、会うつもりはないことを重ねて強調。森の行動についても「三文芝居」と厳しく断じた。

 夕方には、関係者が報道陣に「森さんが来ても一切会わない」と繰り返し説明。森サイドは、川内氏のかたくなな姿勢に「いつかお会いできるまで時間を置くしかない」としており、しばらく静観することになりそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070302-00000020-spn-ent

まあ、もちつけ
  1. 2007/03/02(金) 12:39:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。