KUSOブログ - ロンダルキアの大地

FC2のサイトから飛んでくる人はほとんどなく、 検索で引っかかって飛んでくる人ばかりである いわばロンダルキアの大地のようなブログ。 気になった記事や日記がめいn

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阪神・赤星の善意の車いす、ヤフオクに“流出”

阪神・赤星の善意の車いす、ヤフオクに“流出”


 阪神タイガースの赤星憲広外野手(31)が公式戦で成功した盗塁数に応じ、全国の施設や病院に寄贈していた車いすが、ヤフーオークションに出品されていたことが26日、分かった。赤星選手の善意を踏みにじる行為に、阪神球団は「対応のしようがないが、やるせない気持ち」と不快感をあらわにしている。

 ヤフオクの履歴によると、「赤星選手サイン入り車椅子『赤星号』」というタイトルで赤星選手が寄贈したとみられる車いすが出品されたのは、23日午後7時41分。開始価格は20万円だった。

 コメント欄には「知人から譲り受けたもの。新品未使用で、タイヤにカバーがついています。もちろん非売品」と明記。さらに「さまざまな反響が予想されます。場合によっては早期終了や出品取りやめをせざるを得ない場合もあります」とも記されていた。

 添付されていた3枚の写真には、赤星選手の背番号「53」や「阪神タイガース赤星憲広 寄贈」と書かれたプレート、直筆とみられるサインがある車いすが写っている。

 翌24日、これに気が付いたファンが球団公式ホームページの掲示板に「ひどすぎます…」と訴え大騒ぎに。結局、取引は「99億9999万9999円」といった非常識な金額が付けられるなどしたため、出品者自身が取り消し、成立しなかった。

 赤星選手は03年から盗塁の成功数に応じ養護学校や病院に自走式車いすを、盗塁王の年にはリクライニング機能付き車いす「赤星号」1台を寄贈。昨年度までに自走式車いす201台とリクライニング車いす3台の寄贈実績がある。今回ネットオークションに流出したのは、写真で見る限りリクライニング機能がないところからタイトルにある「赤星号」ではなく、自走式車いすの1台とみられる。

人の善意を踏みにじる奴は屑だ。

>99億9999万9999円
vipperが売買を阻止したのか?wwwGJ
スポンサーサイト
  1. 2007/04/27(金) 13:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度は“少林ラクロス”。柴咲コウが「少林サッカー」続編の主役に!

今度は“少林ラクロス”。柴咲コウが「少林サッカー」続編の主役に!

「少林少女」に主演する
柴咲コウ
少林拳の達人たちが、少林寺拳法の普及のためサッカーチームを結成し、大活躍を繰り広げた痛快娯楽作「少林サッカー」から6年。その続編となる「少林少女」が、柴咲コウ主演で製作されることが、4月17日、配給の東宝から発表された。「少林サッカー」で監督・脚本・主演を務めたチャウ・シンチーがプロデューサーとして参加する(出演するかどうかは不明)。監督は「踊る大捜査線」シリーズの本広克行。今月中にクランクインし、来年の公開を目指す。

シンチーと柴咲のコラボレーションということで意外に感じる方も多いと思うが、企画の始まりは、3年前にシンチーの過去作品のオールナイト上映が行われたフジテレビのイベント「お台場冒険王」で同局プロデューサーの亀山千広とシンチーが出会い、意気投合したのがそもそものきっかけだそうだ。当時「少林サッカー」続編の構想を練っていたシンチーが、懇意になった亀山とアイデアを出し合ううちに、日本を舞台に女性を主人公にした続編を作ることで話が決まり、共同プロデュースをすることになった。なお、主人公が挑戦する競技もサッカーからラクロスに変わる。

主演の柴咲はすでに武術の猛特訓を始めているそうだが、先だって香港で発表された報道によると、「少林サッカー」にも出演していた“鉄の肌”ことティン・カイマンと“軽功”ことラム・ジーチョンの出演も決定しているとのこと。


続編&コウたんでハァハァまちがいなす
  1. 2007/04/24(火) 08:48:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外山さん残念!

俺は慎太郎に入れたけどな。







じゃあの。
  1. 2007/04/08(日) 23:52:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。